SDGs事業部

世界の子どもにワクチンを 日本委員会の活動の下
開発途上国にワクチンを贈っています

1日4,000人、時間にして20秒に1人の赤ちゃんや子どもがワクチンがないために
命を落としています。私たち、世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)は、こうした子どもたちに
ワクチンを届け、子どもたちの未来を守る活動「子どもワクチン支援」を行っています。

1994年のJCV創設当時は、世界で1日8,000人の子どもたちがワクチンで予防できる感染症で
命を落としていました。定期的な予防接種活動が各地に広がり、安価にワクチンを購入できる環境が
世界で整ったことで、その数は半減しました。 しかし、子どもの命を脅かす感染症は、いまだに開発途上国の大きな脅威となり、
今でも、ワクチンさえあれば助かるちいさな命が1日4,000人も失われているのです。

お預かりしたペットボトルキャップは証明書を発行します

お預かりしたペットボトルキャップをきちんと計測し、寄付証明書を発行致します。

寄付はワクチンや関連機器に姿を換え、子どもたちに届きます

お預かりした寄付を、UNICEFと連携してワクチンや関連機器に換え、現地の子どもたちに届けます。

医薬品であるワクチンを、ワクチン製造から接種の瞬間まで冷蔵・冷凍された状態で管理することをコールドチェーンと呼びます。子どもワクチン支援には、ワクチンとコールドチェーンがともに大切です。

CONTACT US

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。